AVコレクターが有料アダルトサイトを全部使ってレビュー・比較してます

NO AV, NO LIFE

DUGAをVプリカで支払ってみた!年齢証明書としても使える?【画像解説つき】

「アダルトサイトにクレジットカードを登録したくない…」

「クレジットカードを持ってないんだけど、Vプリカも使えるの?」

「Vプリカで年齢確認ってできないのかな?」

このような疑問や不安がある方は多いと思います。

とくに、DUGAのようなアダルトサイトだと、大事なクレジットカード情報を入力するのはためらってしまいますよね。

そこでこの記事ではDUGAの支払いをVプリカでできるか、試してみました!

また、年齢確認用にVプリカが代用できるのかも調べてみたので、参考にしてみて下さい!

VプリカをDUGAに登録してみた

DUGAのマイページから「クレジットカードの登録」に進みます。

「クレジットカードを登録する」ボタンを押します。

決済申込みフォームが開きました。

下の画像を参考に、「カード番号」「カード有効期限」「カード名義」「セキュリティコード」を入力します。

一点、「カード名義」についてですが、Vプリカの「ニックネーム」に当たります。

あとは「電話番号」と「年齢」も忘れずに。

確認の画面が表示されるので「購入申込」を押します。

決済が完了しました。といっても登録だけなので料金は発生していません。

Vプリカでも、通常のクレジットカードと同じでまったく問題なく登録できました!

 

VプリカでDUGA月額番組に入会してみた

さて、この登録したVプリカが実際に使えるかですが、やってみました。

試しに今回は月額番組「パラダイステレビ」に入会してみます。

パラダイステレビの入会ページから「ご利用内容の確認に進む」を押します。

支払い方法:クレジットカード(クイック決済)になっていることを確認して「決済を実行する」をクリック。

はい、入会完了です。

とくに何も問題なくVプリカが使えることが分かりました。

Vプリカの残高もきっちりと減っていました。

ちょっと半端な数字でわかりづらいですが、2,146円だったのが、パラダイステレビの1,520円が引かれて626円になっています。

Vプリカを月額番組で使うときの注意点!

ここまで問題なく決済できたのですが、注意点がひとつ。

DUGAは単品購入と月額番組にわかれているのですが、月額番組の方は「自動継続」なんです。

なので、来月も同じ金額が発生することになります。

このときにVプリカの残高が足りないと、クレジットカード決済に失敗して継続できません。

ですので、月額番組を継続する場合は、次の継続日までにVプリカの残高を確認しておくようにしましょう。

継続しないのであれば、通常通り解約手続きを取ればOKです。

解約手順はこちら

 

VプリカでDUGAの年齢認証はできるの?

結論から言うと、できます。

DUGAでは、「コンビニ決済」「BitCash」「楽天Edy」「C-CHECK」「ペイジー」「銀行振込」を行う場合、初回のみ年齢確認の手続きが必要になります。

年齢確認をするには、

  • クレジットカードを登録する
  • 免許証や保険証などの年齢証明書をフォームから送る
  • 年齢証明書をスマホで撮影して送る
  • 年齢証明書をFAXで送る

のいづれかの方法が必要です。

この内、一番簡単なのは「クレジットカードを登録する」です。多くの人がDUGAを使う時にクレジットカードで支払っていると思います。

問題はクレジットカードを持っていない場合。

クレジットカードがない場合は年齢証明ができるものを送る必要があります。

とはいえ、免許証や保険証などの個人情報をアダルトサイトに送るのはちょっと怖いですよね。

DUGAは長い間運営されている安全なサイトではあるのですが、私も正直アダルトサイトに免許証などの情報を送るのはためらってしまいます。

そこで、年齢証明書を送る代わりに「Vプリカの登録」で年齢確認を済ませてしまおうという方法が使えるのです。

方法は簡単で、

あとは先ほど説明した手順と同じく、決済申込みフォームに必要事項を入れていきます。

私自身もアカウント作り直して試してみたのですが、確かに下の画像のように「クレジットカード:登録済」の表示になりました。

年齢確認は一度してしまえば、これからは不要です。

登録したVプリカで支払ってもいいですし、他の支払方法も解禁されるので好きな支払い方法でDUGAを楽しみましょう。

 

DUGAとVプリカのQ&A

Vプリカで年齢確認しても大丈夫なの?

大丈夫です。

そもそも、Vプリカ自体が「利用者は18歳以上」に限定されているので、18歳未満の方はVプリカを持つことができません。

18歳以上しか持ってはいけないVプリカを持っているのであれば、年齢確認が通って当然だと思います。

Vプリカを使うメリットって?

大事な個人情報をアダルトサイトに入力しなくて済む、という点だと思います。

正確には、クレジットカードのフォームに入力した情報はアダルトサイトに直接渡ることはありません。(悪質なサイトでなければ)

クレジットカード情報は暗号化されて「決済代行会社」という、クレジットカードの支払いを専門に取り扱う会社に預けられます。

DUGAなどの安全なアダルトサイトにクレジットカードを入力しても、まったく問題はないのですが、、

ただ気分的にアダルトサイトに重要な情報を送信するのは怖いですよね^^;

そこで、Vプリカを代わりに使うことで、重要な個人情報をそもそも入力する必要がなくなります。

Vプリカは「ニックネーム」で本名の代用ができますし、Vプリカの残高を増やすたびにカード番号も変わっていく仕組みになっています。

万が一危険なサイトに登録したとしても、残高以上の被害はないですし、本名も分からないため、アダルトサイトを使うときに利用している方は多いですね。

Vプリカをつくるならこちら

逆にVプリカを使うデメリットは?

手数料がかかることです。

500円分のチャージなら700円、2,000円分のチャージなら2,200円と、購入の仕方によっても違うのですが、1回のチャージにおよそ200円~290円の手数料がかかってきます。

また、クレジットカードと違いポイント還元がないのもデメリットといえます。

一応、チャージにかかる手数料は、Vプリカを取り扱う「ライフカード」社のクレジットカードならば手数料無料になるのですが、、

ただ、クレジットカードがないからVプリカを使うはずなのに、そのVプリカのチャージにクレジットカードを使う、というのは本末転倒な気がします。

 

DUGAをVプリカで便利に使うためのまとめ

ここまで見てきたように、DUGAはVプリカでもまったく問題なく使うことができます。

ただVプリカにも、チャージ手数料がかかったりポイント還元がないといったデメリットがあるため、もしクレジットカードを持っているなら素直にクレジットカードを使った方が料金的にはお得です。

もし、「どうしてもクレジットカードを登録したくないorクレジットカードを持っていない」けど「200円も手数料がかかるのがイヤ」という場合は、

Vプリカで年齢認証だけ行う→ビットキャッシュなどの手数料のかからない方法で購入する

のが一番良いです。(DUGAのコンビニ決済は手数料がかかるので注意)

 

また、Vプリカ・クレジットカード以外で年齢確認する方法は次の記事でまとめています

年齢確認Q&A
DUGAに年齢確認の身分証明書(免許証・保険証)を送っても大丈夫なの?

続きを見る

 

DUGAを実際に使ってみた評価や、メリット・デメリットは以下の記事でまとめています

DUGA(アダルト)を2ヶ月使って分かった安全性と評判まとめ!

続きを見る

 

Copyright© NO AV, NO LIFE , 2021 All Rights Reserved.